笑い飯 ネタについて

| コメント(0) | トラックバック(0)
笑い飯 ネタをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。


2008Мー1優勝者ノンスタイルおもしろい?
2008年Мー1優勝したノンスタイル・・・。 自分的には、オードリーの方が全然おもしろかったと思う・・。 毎年、予想を裏切る結果に終わるんです・・・。 (去年のサンドウィッチマンは正..


QTHE MANZAIとナイツのネタについてびっくりしたのが、ナイツのネタ、まだあのワンパターンネタでやってるのが悪い意味でスゴイ。若手ならともかく、見飽きたネタで勝負とは恐れ入ります。関東の笑い飯だね。それをまた、面白いとゆう視聴者にもあきれる。アルコ&ピース、囲碁将棋、エルシャラカーニ、学天即、磁石、ハマカーン、この6組は論外全く笑えなかった。いや、失笑です。チキチキジョニーは良かったと思う。が、ネットではかなりボロクソに書かれている、あんなのは全く許容範囲。笑える毒舌だ。それに、相方もフォローはちゃんとしてる。あれぐらいを批判されるなら、漫才出来ないし、それをゆうならナイツのネタの『のりピー』、『ヘロイン』、『ひとつやらかした』なんかは、厳密に言えば放送禁止だろう。あれこそもっと声高く、責められるネタではないのか。こうゆう社会的事件を、事の重大さを判らず、お笑いのネタにする自体、ナイツにはフジテレビ側からも厳重注意が必要だろう。これを許すのであれば、他人の失敗、事件、不幸のネタ何でもありになる。全く持って、気分の悪い漫才だった。そのネタをあの審査員達が、面白いと評価するのが信じられなかった。紳助のネタもOKになるよぉ いいのォ?最後に、司会のナイナイは要らない、特に矢部。やっぱり今ちゃんの方が旨いし、もっと盛り上げれる。更にタケシも全く要らない。必要ないでしょ。あの人の出てる番組、全部あの人必要ないポジションでしょ。みんな笑ってくれると思ってる、裸の王様でしょ。TBSの到着の映像、いらんでしよ。バカバカしい。途中で抜けるなら、最初から出るな。フジテレビもタケシ抜きで、出来んかなぁ爆笑問題も必要なし。そうゆう部分を改めて、来年するのならやればいい、余分な部分省けば、1時間は短縮出来る。フジテレビもてんこ盛りにする番組が余程好きなんですね。てんこ盛りし過ぎるから、逆に白けるし、見る側もしんどいんですよ。このように、漫才のネタでも、番組構成に関しても笑えない部分が多い番組でしたが、皆さんはどうおもわれますか?特にナイツのネタに関して。ただ、高島彩さんがワラテンの送信を必死で訴えて、番組を成立させようとしていたのは、健気にもきちんと仕事をこなそうと頑張っていた、唯一の進行役だったのではないでしょうか。
A公共の電波、確かにそういう観点で見るのは大切なことですし、おっしゃっていることは分かりますが個人的にはこういうブラックジョークについて、「テレビ」ではダメという妙な規制意識を持っている空気が気になります。なんかどうも、「これはやってはいけない」という線引きを、観客(視聴者)が勝手にやっている感が否めません。ようは、あなたがブラックジョークを苦手としているだけでしょう。アメリカのテレビじゃあこれくらいは序の口ですよ。だから紳助ネタだって、別にやってもいいんですよ本来は。「面白ければいい」という感覚と、「面白ければいいわけじゃない」という感覚の狭間に揺れているからこそ、こういうお笑いが成立するものだと思います。あえて「腫れ物にさわる」というのを見せる笑いです。なんか視聴者層も含めて、「テレビ」上でのお笑いが、本当に幅の狭いものになってしまったなと感じてしまいますね。あと、他の方もいわれていますが、質問者さんは単に同意を求めているだけのように見えます。こういうコミュニティサイトにおいては、違う意見はそれとして認めるべきだと思います。----番組構成への意見はわりと賛同します。たけしのTBS移動だとか、いろいろイベントをはさんでいましたが、あれは約4時間の放送枠を埋めるための時間稼ぎとしか思えませんでした。2時間半~3時間くらいの枠でやればいいはずです。これは編成の失敗もあるかもしれません。



笑い飯
リスト::お笑い関連 吉本興業所属のお笑いコンビ。 ボケとツッコミが交互に入れ替わるという独特の芸風を持つ。 -西田幸治1974年5月28日奈良県奈良市出身。 (本名同じ。向かって左(ヒゲの方)) -哲夫1974年12月25...

<googleニュース>

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://qeyo.if.land.to/mtos/mt-tb.cgi/1611

コメントする

このブログ記事について

このページは、leopinが2012年6月 7日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「笑い飯 アメトーク関連の情報収集」です。

次のブログ記事は「m1グランプリ 笑い飯の情報最前線」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 笑い飯

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.35-ja